• ホーム
  • AGA治療と植栽による治療法と症例写真について

AGA治療と植栽による治療法と症例写真について

脱毛に悩む男性

AGAの症状には進行型と言うデメリットが在ります。
円形脱毛症も薄毛の一つですが、そのままにしておくことで完治する事も在りますが、AGAの症状は進行型になるため、そのまま放置してしまうと、髪の毛が無くなってしまう恐れも出て来ます。

AGAが進行型になる理由と言うのは、脱毛症を引き起こしているのが強制脱毛ホルモンのDHTが存在しているからで、DHTはヘアサイクルを短くする作用、そして発毛機能を停止させてしまう作用が在り、髪の毛の量が少しずつ減り、薄毛の範囲が広くなるという進行型になるからなのです。

所で、ハゲの状態になってしまう事で発毛の期待が持てなくなった場合、植栽による治療法で髪の毛を生やす方法も在ります。
これには自毛植毛などと呼ばれている方法が在りますが、自分の髪の毛を移植する形で植栽すると言う技術であり、医薬品のような副作用が起こり難い事からも注目されています。

因みに、AGA治療を専門に行っている病院では、患者さんの許可を得た上でホームページ内で症例写真を掲載しているケースが在ります。
症例写真と言うのは、治療前の頭皮状態と治療後若しくは治療中の写真であり、治療を受ける事で髪の毛の量がどこまで増えたのかを見ることが出来ると言う事です。
治療前の写真の中には髪の毛が少なくなってしまい、そのままにしておけば髪の毛が無くなると言った進行状態のケースも在りますが、AGAの治療を手掛ける病院で検査や薬の処方を受ける事、そして髪の毛と言うのは生活習慣の乱れからも生じるため、カウンセリングを受けて生活習慣を正しいものへと変えることで、医薬品だけではなく人間の身体が持つ本来の免疫力を利用して薄毛を克服することが出来るようになります。

関連記事
AGAだから治るとも限らない 2019年09月05日

AGAは、男性型脱毛症のことでまだ髪の毛がなくなるにはまだはやい男性がなる脱毛症を指します。正式には「Androgenetic Alopecia」と書くもので症状としては、生え際や頭頂部からの薄毛が進行し、最終的に側頭部と後頭部の場所の髪を残して抜けてしまうというものです。AGAは一度進行すると何の...

成長期の面部脱毛によるAGAについて 2019年10月25日

最近の日本においてはたくさんの男性が薄毛に対して悩んでいます。特に多いのが、若い頃からの薄毛の悩みで、成長期に面部脱毛という症状を発症している人も多くなっています。このような症状にみまわれている人もAGAと診断されるため、病院にてきっちりとお医者さんに診てもらう必要があります。このような症状が発症し...

AGAかと気にし過ぎない 2019年08月19日

髪の毛を洗っていると抜け毛が多くなる、鏡を見た時に髪の毛にハリが無くなって来た、薄くなっているような気がする、毛が細くなったように感じるなど、薄毛の症状と言うのは髪の毛が抜けたり、ボリュームが減る事で気になり始めるものです。また、薄毛は男性だけではなく、女性も薄くなるケースが多くなっており、鏡を見た...