• ホーム
  • AGAだから治るとも限らない

AGAだから治るとも限らない

髪を心配している男性

AGAは、男性型脱毛症のことでまだ髪の毛がなくなるにはまだはやい男性がなる脱毛症を指します。
正式には「Androgenetic Alopecia」と書くもので症状としては、生え際や頭頂部からの薄毛が進行し、最終的に側頭部と後頭部の場所の髪を残して抜けてしまうというものです。
AGAは一度進行すると何の手立てもしなければ確実に髪の毛を失うとされていますが、その一方で治療をすれば防げる可能性もあります。

AGAの原因として考えられているのが男性ホルモンによる作用です。
男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が頭部に多く蓄積することで発毛を阻害と考えられています。
これは毛は周期的に生え変わっていますが、DHTによってこのサイクルがはやくなり、毛が長く、また太くなる前に抜け落ちてしまうためです。
AGAではこの男性ホルモンのDHTの発生を抑制することで脱毛の原因を取り除きます。
この際に使われる薬がフィナステリドを主成分としたプロペシアなどで、他にも男性ホルモンを変化させ抑制する働きを持つケトコナゾールを主成分とした医薬品があります。
ケトコナゾールの作用については、フィナステリドと同様の効果が得られるといわれています。

フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として登場しましたが、男性ホルモンの働きを抑制することから脱毛を防ぐ効果が発見され、現在ではAGA治療薬として広く使われています。
さらにミノキシジルのような発毛を促進する外用薬がAGA治療では処方されます。

一方でAGA治療はあくまでも男性ホルモンを抑制するという治療法になります。
このため男性ホルモンが原因ではない脱毛症であれば効果が出ない場合があります。
考えられるものとしては皮膚の疾患やホルモンバランスの乱れ、またストレスや知らないうちに毛を抜いてしまう抜毛症などがあります。
このためAGA治療ではその原因を特定することが必要です。

関連記事
AGA治療と植栽による治療法と症例写真について 2019年09月22日

AGAの症状には進行型と言うデメリットが在ります。円形脱毛症も薄毛の一つですが、そのままにしておくことで完治する事も在りますが、AGAの症状は進行型になるため、そのまま放置してしまうと、髪の毛が無くなってしまう恐れも出て来ます。AGAが進行型になる理由と言うのは、脱毛症を引き起こしているのが強制脱毛...

AGAかと気にし過ぎない 2019年08月19日

髪の毛を洗っていると抜け毛が多くなる、鏡を見た時に髪の毛にハリが無くなって来た、薄くなっているような気がする、毛が細くなったように感じるなど、薄毛の症状と言うのは髪の毛が抜けたり、ボリュームが減る事で気になり始めるものです。また、薄毛は男性だけではなく、女性も薄くなるケースが多くなっており、鏡を見た...